多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にある

現在におきましては多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にあります。
この指定石材店制とは、霊園にお墓を建てる場合に、指定されている石材店でお墓を建てるという規約のことを言います。

 

後々自分で数社ある指定石材店の中から、気に入った石材店を選ぶことが出来るワケではありません。
霊園を訪れた瞬間に、担当をしている石材店が自動的に振り分けられてしまうのが一般的となっています。
指定石材店制を実施している霊園では注意をしなければいけないことがあります。
多くの霊園では、特定の石材店の広告を持参したり、指定をしたりしない限りは、自動的に石材店を振り分けられてしまう決まりになっています。 これから霊園探しをしようと考えているのでしたら、とにかくまずは霊園の基礎的知識を頭に入れておきましょう。
何の知識を持たないまま霊園探しをしてしまいますと、思わぬトラブルを招いてしまうこととなります。



多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にあるブログ:22年01月17日

一人の人間によって
基本的言語体系が息子の頭の中に入ってくる以上、
一人の人間だけが息子を育てることは
逆にいえば非常に危険である。

もしそのママが間違った考えを持っていれば、
その子はその間違った考えを教え込まれてしまい、
それを修正する機会を失ってしまうからだ。

自分の家にパパとママが揃っていれば、
自分のママといえども、自分のパパから
その意見を覆される姿を見ることができるので、
自然とママの間違った意見を否定していくことができ、
正しい物の見方ができるようになる。

大事なことは
正しい物の見方を身につけることであって、
誰かの意見を鵜呑みにすることではないのである。

祖父母がいると、
息子は温和になると言われている。

自分の親だけではなく、その祖父母によって喋りかけられれば、
息子は親の意見が絶対に正しいものではないということが解り、
違う考え方も存在するのだということに気付く。

しかも祖父母は親よりも人生経験が豊富だから、
生きていく上で様々なことを学んでいくことができる。

祖父母というクッションがない息子は、
どうしても思考が硬直しやすいので、
核家族で育って来た人々というのは、
狭い考え方の持ち主が多く見受けられる。

政治家が「社会保障の充実」を叫べば、
それに追従してしまい、
それによってどのような弊害が出て来るかを
見極めることができない…

「貧富の格差があることはおかしい!」
「男女の性差があることは許せない!」と騒いでいる人たちも、
やはり息子の頃、核家族で育ってきたのではないだろうか?