都心の便利なエリアに位置している公営墓地

各都道府県、また市町村など自治体が管理や運営を受けている霊園のことを公営墓地といいます。
お墓を建てるには、そのお墓を使用する権利を取得する永代使用料が必要となってきますが、公営墓地の場合、民営の墓地と比較をして、永代使用料や年間管理費が安くなっているのが特徴です。

 

都心で非常に便利なエリアにある公営墓地というのは非常に人気が高くなっており、何年経過をしたとしても入手することの出来ない人が多数いらっしゃいます。
募集時期や応募資格、そして応募方法等に関しましては、各自治体の霊園課などにお問い合わせしましょう。
公営墓地というのは自治体によりまして募集方法は多少異なってはいますが、新聞などで年一回公募されることによって抽選により入手者が決定されることとなります。
募集対象とされるのは、まだ一度も埋葬されたことのない遺骨のある人となっており、その自治体に本籍や現住所のある人限定となります。 これから霊園探しをしようと思って適当に立地条件だけで選んでしまってはいけません。
どんなに通いやすい場所に霊園があるからと言って管理が悪いような霊園では意味が無いのです。



都心の便利なエリアに位置している公営墓地ブログ:21年12月10日

時折、健康な身体なのに、
非常に記憶力の悪い息子がいるものだが…

こういう息子は、
ママがアルミニウム製の調理器具を使っているために、
脳の海馬が破壊されてしまっていることが多い。

ママが我が息子に対して、
「この子はバカなんじゃないか?」と疑う前に、
己の無知を疑った方がいいと思う。

なぜママたちが
アルミニウム製の調理器具を使うのかというと、
その調理器具の方が軽いからである。

その程度の理由のために、
我が息子の脳を犠牲にしてしまっているのだ。

調理器具は鉄製の物を使うべきなのである。
鉄製の調理器具は重たいがゆえに敬遠してしまうのだが、
鉄製の調理器具を使わなければ、
我が息子の脳を守ることはできない。

また、
息子にはアルミニウム製の缶に入ったジュースを
飲ませないようにした方が良い。
飲めば飲むほどバカになっていくだけだからだ。

アルミニウムは
身体内に残留し易い物質なのである。
アルツハイマーもアルミニウムが原因だと言われている。

今まで
アルミニウム製の調理器具を使っていて、
明らかに我が息子がバカだというなら、
糠を炒って食べさせ、
それをホットミルクで流しこむことをお勧めする。

これを何度がやっていると、
身体内に蓄積されたアルミニウムが排出されるので、
知能が向上して来る筈だ。

息子の頭の良し悪しは
かなりの部分をママが握っているのである。

料理のたびに
フェニルアラニンやレシチンを含んだ食品を出すようにすれば、
我が息子はしっかりとした記憶力を持つことができる。

アルミニウム製の調理器具にしても、
それを使い続けたら、
我が息子の脳に甚大なダメージを与えてしまうのである。