■レーシックガイド/サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ

安全とされているレーシックなのですが、実際には僅かな確率ですが、感染症や合併症が引き起こされています。
また視力が思ったより回復してくれなかったり、視力が元に戻ってしまったりなども報告されています。 誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。
レーシックでは技術や経験も大切なことですが、しっかりとサポート体制が整っている病院を選ぶのもポイントに入れましょう。
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください。

 

レーシックをする前にまずはサポート体制が整っている病院を探すということを頭に入れておきましょう。
定期健診や再手術を無料でしてくれる病院もあるので大変お得です。



■レーシックガイド/サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶブログ:2022年01月19日

ぼくはひと月に数回、
二人暮らしの両親の元を訪ねます。

元気な顔を見るためや、
一緒に食事をするためということもありますが、
一番の目的は「お説教」をすること。

この3年の間に、
お母さんは2年続けて軽い脳梗塞を患いました。

そして、短期間の入院生活の間に筋肉はやせ細り、
あしやこしが急激に弱くなってしまいました。

当時、お母さんの看病を必死にしていたお父さんも、
大腸がんを患い、重度の糖尿病である肉体にメスを入れました。

トラックドライバーとして
日々重労働をこなしていたお父さんも、
長い入院生活で
すっかり骨ばかりのあしになってしまったのです。

お子さんと同居していない両親にとって、
思うようにからだを動かせなくなったことは、
本当に痛手でした。

掃除、洗濯、お買い物、今まで普通にできていたことが辛い。
だから動かない。
動かないからさらに筋肉、体力が落ち、もっと辛くなる。
そんな、どうしようもない迷い道に入りかけていました。

でもお子さんだからこそ厳しく言える優しさ。
体力を回復し介護を卒業してもらうために、
自宅での筋力トレーニングを両親にすすめました。

重い道具や高価な器具はいりません。
筋力が落ちてしまった両親には、
普段使っている座布団や枕だって、体操の道具になります。

椅子やソファーにこし掛けている時間も無駄にしません。
踵を床につけたまま両あしをそろえ、
つま先をグイッと上げたり下げたり…

一度やめてしまうと次やったときすぐ疲れてしまい、
続けるのを諦めてしまいます。
そんな時こそ、お子さんからの愛情たっぷりのお説教です。

こんな小さな体操でも積み重ねることで、
お母さんは杖を、お父さんは半寝たきりを卒業することができました。


ホーム サイトマップ